太陽光発電

石油や石炭はいずれ枯渇すると言われています。問題はそれだけではなく、石油を使用したことによるCO2や有害物質の発生による地球環境への悪影響もあります。これらに代わり、その中で最も有力視されているのが太陽光です。太陽光が有力視される理由として、無限のエネルギーであるということと、太陽電池モジュールを太陽光が当たる場所に設置することで、簡単に電気を生み出すことができるということです。また、電気を生み出す際に、CO2などの有害物質を一切出さないことも理由の1つです。これらのことから太陽光は再生可能エネルギーとも呼ばれています。太陽電池モジュールが広がることで、地球の環境面の負荷が軽減されます。石油や石炭や天然ガスは枯渇までのおおよその年数が分かっていることもあり、枯渇が懸念されるエネルギーは価格が高騰しています。それに対し太陽光は、枯渇の心配がなく、無料です。さらに、今後の資源高の影響を受けることがないのです。また、災害時でも太陽光を得ることができれば電気を使うことが可能な点、余剰電力を売電することができる、屋根に太陽光パネルを設置することで断熱効果がある、太陽光パネルは汚れても雨である程度洗い流される、などのメリットもあります。

Comments are closed.