新エネルギーの利点

風力や太陽光、バイナリー発電に利用される地熱、1000kW以下の中水力、バイオマスなどのエネルギーは、自然の中に存在するエネルギーであり、現代において再生可能なエネルギーとして注目されているエネルギーでもあります。
また、これらのエネルギーの共通点は、有害物質を含まない事や、放出しないと言う利点があり、半永久的に存在するエネルギーでもあるのです。

石油など場合は、地球上に存在するエネルギーであり、いつかは失う事になるエネルギーなのですが、自然の中に存在するエネルギーは無尽蔵であり、クリーン、そして半永久的と言う利点があるわけです。
但し、これらのエネルギーを使って発電を行う場合などでは設備投資が必要になること、太陽光発電や風力発電などの場合では、大きな電力を生み出すためには広大な敷地面積を必要とすることや、天候などに左右されると言うデメリットも有ります。
また、安定性に欠けているなどのデメリットも有ります。

しかしながら、これらのエネルギーを利用することで地球環境への貢献が可能な事や分散型の電源として利用であれば十分利用可能なエネルギーであることからも、太陽光発電などは一般の住宅にも導入され普及が起きているのです。

Comments are closed.