日本のエネルギー需要と供給状況 

日本のエネルギー需要が増加する一方で、肝心の電力の安定供給に対しての不安感が高まっています。震災後の原子力発電の停止の影響によって、夏季や冬季などの特に電力の需要が高い時期に電力不足による一時的な計画停電が行われたのは記憶に新しいことです。
原子力発電に対しての信用力が失われた現在、日本では従来ように石油やガスなどの化石燃料による火力発電によって電力が供給されています。しかし、原油やガスの価格の高騰などによって電気料金は度々値上げされ、家計への大きな負担となっています。
そこで急速に進められているのが発電方法の多様化です。従来の火力発電に加えて、再生可能なエネルギーである太陽光や風力、地熱などの発電方法に期待が持たれているのです。これらの再生可能エネルギーは資源に乏しい日本でも十分に手に入れることができるからです。
日本には発電に使用できるエネルギー資源はほとんどありません。そのため、海外からのエネルギー資源の輸入に頼ってきましたが、輸入によって多額の日本の富が流出してしまうという問題点があります。発電方法の多様化による再生可能なエネルギーの利用によって、これからの日本のエネルギー事情は大きく変化していくことが予想されています。

Comments are closed.