廃棄物発電

廃棄物で電気を生成する方法は、ゴミ焼却の際に発生する熱を利用し、蒸気タービンを回転させ電気を起こす仕組みが代表的なものになります。廃棄物は、毎日大量に出ています。廃棄物は、工場や一般家庭から集めら、焼却場に運ばれてきます。焼却場では、熱が発生し、その熱で高温・高圧の蒸気を生成します。この高温・高圧の蒸気でタービンを回転させ、その回転エネルギーで電気をおこす仕組みになっています。

廃棄物には、可燃性のものとそうでないものがありますが、燃やせるものを原料として熱を発生させます。廃棄物を燃やすとダイオキシンが発生しますが、高温で焼却することで完全燃焼させ発生を抑制するように焼却炉が設計されています。焼却炉を利用するメリットは、高温で燃やすことでダイオキシンを抑えながら、廃棄物の体積を小さくすることができます。また、害虫や菌の発生を防ぐことが出来ます。そして、燃えたかすは、埋め立てやセメントの原料として再利用することが出来ます。

不要な廃棄物を燃やして熱エネルギーに変え、更には、回転エネルギーで電力を得ることで一つのリサイクルが出来ます。したがって、資源に無駄が少なく、有益なシステムであることが分かります。

Comments are closed.