新エネルギーとは

onsen_m
東日本大震災によって原子力発電所が爆発事故を起こして放射能が大量に漏れるという惨事が起こって以来、日本では、原子力発電に変わるエネルギーが注目を集めています。
これまでは原子力発電に頼り、それが批判されるようになってからは、一時しのぎのように火力発電に頼る傾向がありますが、CO2の排出量を減らさなければならないという環境保護を考慮したとき、それらの代替として開発することが重要となっています。
そこで注目を集めているのが太陽光発電や水力発電、風力発電などです。
中でも太陽光発電は、自然の太陽によって発電できることで従来から注目されてきましたが、震災後は、今後の開発の目玉としての位置づけになりつつあります。過程では、屋根に太陽光発電を取り付けることで、自家発電を行えるようにして、さらに余った電気を売却できるというメリットを兼ね備えているため、今後は、国の政策でもかなりの優遇が見込まれるということで、普及が進んでいくと考えられます。
以前は、石油やガソリン、ガスも重要でしたが、現在ではCO2排出の関係で好ましくない状況になってきており、CO2を排出しないことが重要になってきています。
また、水力発電や風力発電についても、設置する場所は限られてはきますが、町おこしの一環として、あるいは雇用の創出においても重要な役割を持っているため、今後、小規模ながらも自然の力を利用した開発が進んでいくことになります。
camp_m